Sample Image

弁護士への謝礼とは

交通事故で弁護士を依頼した時のお礼は、弁護費用として渡しますが、
その時期は、弁護士事務所によって異なります。

 

交通事故の場合は、着手金を設けている事務所と、着手金をなしと
している事務所があります。着手金とは前払い金のことです。

着手金

着手金がない場合、弁護費用は加害者からの賠償金が支払われたあとに
一括して支払うことになります。

 

交通事故の被害者は、けがをして仕事ができなくなり、収入がなくなったばかりか
医療費の支払いもしている場合があるため、弁護士に依頼しようにも
できないことが少なくありません。

 

重傷で、賠償金から弁護費用が十分支払えることが明らかである場合は、
前払い金である着手金の支払いが理由となって、依頼しないことになるのは、
誰にとっても好ましい状況ではありません。

 

最近は、着手金なしとしている交通事故専門の法律事務所が増えています。
中には、弁護士に依頼したあとに賠償金の増額がなかった場合は、
費用を無料としている事務所もあります。

 

被害者は、全額後払いとできる事務所を探して依頼するという道も
あることを知っておきましょう。

重症

重傷の場合は、ほぼ引き受けてもらえます。軽傷の場合は、費用倒れと
なりそうなら、弁護士事務所側からそうした説明がなされます。 

 

被害者の加入している民間保険に、弁護士費用特約が付いている場合は、
たいてい300万円までは弁護費用が出ます。特約が使えるなら、
費用を気にせず弁護士に依頼できます。