Sample Image

過失相殺

交通事故の過失割合は、交通事故の賠償金額を最終的に決めるのに
必要となる数字です。
賠償額を出した後、その割合によって過失相殺がなされます。

 

被害者側が個人で交渉していても、妥当な過失割合で合意するのは困難です。
交通事故の加害者側が個人であっても、任意保険会社が加害者の
代理人となっていてもです。 

過失割合

交通事故の被害者が個人で交渉する場合は、被害者の過失割合が
ゼロだと見なされていることが多いです。

 

被害者にも過失がありそうなときは、被害者も自分が加入している
任意保険会社に交渉を依頼することができます。

 

しかし、被害者の過失がゼロであると想定されるケースでは、
被害者の加入している任意保険会社は交渉に関われません。


被害者が、個人で加害者側と向き合うとき、当然自分の過失は
ゼロだと考えているわけですが、加害者側が任意保険会社である場合、
任意保険会社は判例を一切無視した独自の見解で過失割合を
主張してくるのが普通です。

 

それによって、任意保険会社の自社負担額がゼロになるよう、
調整することが多いです。

保険会社の人

判例や正当性は気にしていませんし、根競べだと考えている面が
ありますから、被害者がそれに反論しても無駄なこととなります。

 

任意保険会社が主張を変えることは、被害者が個人で交渉
している限り、ありません。 

 

被害者が弁護士に交渉を依頼すると、任意保険会社の担当者は
顧問弁護士に交渉を任せます。

 

顧問弁護士は、被害者に弁護士がついた以上、判例に従った
妥当な過失割合を認めるしかないと判断しますから、それで合意と
なることが多いです。