Sample Image

示談トラブル

神戸市内を車で運転中に不慣れな道を走ることになりました。
慣れない道は交通事故の危険も大きいので注意して運転して
いたつもりでしたが、 見通しが凄く悪い十字路で出会い頭に
車と衝突してしまう事故を起こしてしまいました。

衝突
こちら側にも全く非がないとは言えませんが、相手側の道には一時停止の
標識も 有ったので、こちら側が有利に交通事故処理を進められると考えて
いましたが、 相手の運転手が結構むちゃくちゃな主張をする人であり、
自分の非を全く認めようとせず こちら側に全部責任があるような主張をしてきました。


確かにこちら側にもまったく非がないとは言えないため、
どうしても相手に漬け込まれてしまいます。

 

そもそもこうした小さな事故の場合、目撃者などほとんどいません。


ですから、一体どちらが正しいのか。
それぞれの主張しかないのです。


ですからお互いに自分の主張を譲りません。
もちろん私も事実をしっかりと主張しました。


話は平行線のまま進んでしまいます。

そこでこのまま当事者だけで話を進めてもしょうがないので、法律の専門家である
弁護士事務所に相談して交渉の間にたってもらうことにしました。

対処する
弁護士事務所は以外に数が多く、どの弁護士にお願いするか迷いましたが、
友人に選び方を聞いたところ、交通事故案件を得意としており
事務所が家からなるべく 近いところがよいというアドバイスをもらったので、
神戸市内の弁護士先生に 業務を依頼しました。


すぐに対応していただき、 弁護士の先生のおかげで無事自分の主張を
相手に認めさせることが 出来たので、救われる思いがしました。