Sample Image

法律相談業務

交通事故の被害に遭った場合には必ず警察に連絡する必要があります。

 

目立った怪我や痛みがないからや、大した事故ではないからなどの理由で、
その場で加害者側と話を済ませてしまっては決していけません。

 

事故直後は痛みが無くても、数日後に痛みが発生する場合もあります。

もし警察に連絡をしていなかったら、交通事故証明書を発行してもらえませんので、
保険で補償を受けることが出来なくなってしまいます。

事故に遭ったら

怪我の治療を行っていても完治せずに後遺症が残ってしまう場合もあります。

 

そうなりますと後遺障害の認定がなされるのですが、認定基準は
後遺症によって労働力が低下したり喪失したりする状態に陥って
いることが挙げられます。

 

後遺障害等級の認定は保険会社によって行われるのですが、
その際に弁護士に依頼して適切な等級で認定されているか調査して
もらうことが出来ます。

適切な対応

また既に認定済みの場合でもあっても認定された等級が適切でなければ
弁護士に依頼して、異議申し立てを行ってもらえる可能性があります。

 

交通事故による後遺障害等級は損害賠償金の額に大きく影響しますので、
出来るだけ弁護士に依頼して正しい等級で認定してもらうように
することが必要です。