Sample Image

交通事故

交通事故の被害に遭った際の弁護士の使い方は様々なケースが想定されます。

 

交通事故後は出来るだけ早い段階で相談する方が良いですが、
目安としては怪我の治療が始まった頃に相談することをお薦めします。

 

まだ相手方との示談交渉は先なので弁護士のサポートは必要ないかと
思いがちですが、治療費の補償などに関しても保険会社と交渉を行ってくれます。

後遺症

怪我が完治する前に治療費の補償が打ち切られる場合もありますので、
その様な時にも保険会社と交渉を行ってくれます。


また後遺症が残った場合には後遺障害等級の認定が行われますが、
正しい等級で認定されるか調査してもらえます。

 

後遺障害等級は損害賠償額に大きく影響しますので、弁護士に調査して
もらうことが重要となります。

交渉

もちろん示談金の交渉においては、弁護士の有無によって大きく
結果が異なることにもなります。

 

このように交通事故の被害者になった場合の弁護士の使い方は、
多くの場面で必要となります。