Sample Image

治療費

交通事故の被害者は、加害者の自賠責保険で治療をします。
自賠責保険の限度額は120万円です。

 

加害者が任意保険に加入していると、交通事故関係の手続は万事任意保険会社が
おこない、自賠責保険からの給付金による治療費支払いも代行します。

 

被害者への賠償は、自賠責保険からおこなわれますが、限度額が120万円で
あるため、それを超えると、賠償責任は任意保険会社が負うことになります。

被害者

そのため、任意保険会社は、賠償額が120万円を超えそうになると
自社負担額をゼロにするため、被害者に症状固定を迫ってきます。


主治医に症状固定を依頼することも普通にあります。
症状固定をすると、それ以降の治療費を交通事故の加害者が
支払う必要はなくなるからです。

 

通院慰謝料も発生しなくなります。

任意保険会社の担当者は、そのけがの種類ならこの時期に症状固定を
するものだ、という言い方をするのが一般的ですが、いつ症状固定するかを
決めるのは、被害者です。

 

主治医ですら決めることはできません。しかし、被害者はそうしたことを
知らずにいるため、促されるまま症状固定をしてしまうことが多いようです。 

治療
交通事故の被害者は、事故後なるべく早い時期から、弁護士に相談するべきです。
そうしていれば、治療打ち切りなど起こり得ません。

 

弁護士相談によって、従う必要がないとわかるからです。

 

弁護士に加害者側との交渉を依頼し、受任通知を出して弁護士が窓口になっていれば、
加害者側は治療打ち切りなどしてこないものです。