Sample Image

保険の特約

交通事故にあうと、被害を受けたにもかかわらず、納得できない幕引きと
なることも多々あります。

 

車を運転する人の多くは自動車保険に加入していますが、この自動車保険は
基本的には加害者となったときに活用できるものです。

 

被害者となった場合は保険会社が対応しないので、自ら相手方と賠償交渉を
しなければいけません。

 

もちろん相手側が自動車保険に加入していた場合は、交渉相手は
プロフェッショナルということになります。

納得がいかなくても、相手方に押しきられて示談となるケースもたくさんあるのです。

 

そこで交通事故の被害にあった場合は、弁護士を活用することも視野に
入れておきましょう。

 

弁護士なら法律の専門家ですので、保険会社の担当者とも対等、
あるいはそれ以上にわたりあってもらえます。

費用
ただし心配なのはコストです。

 

弁護士を雇うとなればそれなりの費用が必要になりますので、
状況によっては利用したくてもできない場合もあるでしょう。

 

このような場合に備える方法としては、自動車保険に弁護士特約を
付けておくという方法もあります。


弁護士特約とは交通事故の被害にあった場合に、弁護士費用を
補償してくれるものです。

交通事故

保険料もそれほど高いわけではありませんので、いざというときの備えとして
この特約を付けておけば万全です。


交通事故は自分がいくら気をつけていても遭遇してしまうことがあります。

 

被害にあったのに泣き寝入りするようなことにならないためにも、
自動車保険は上手に活用しましょう。