Sample Image

示談金

交通事故に遭ってしまうと治療後には示談交渉が待っています。

示談金にも大まかではありますがルールや相場があり、請求できる項目、
金額の計算方法、必要な書類などがあるので、素人には煩雑で
抜けてしまうこともあります。


また、正しい評価が出来なくて請求金額を妥当な金額ではなく
低いまま署名してしまうケースも多くなっています。

示談金

わかりにくい交通事故の示談金の目安や請求内容を把握することが
正当な賠償をしてもらえる第一歩なのです。


残念ながら加害者地震や加害者の保険会社は被害者側ではないため、
少しでも少なく見積もってきますし、すべてをやってくれるわけでは
ありません。

 

妥当ではない金額や補償対象は被害者から指摘したり請求する必要が
あります。
つまり、被害者も自ら動かなくてはならないのです。


しかし、体もまだまだ不都合が多いでしょうし、仕事や家庭の
ことなどもあり交通事故にすべての時間を割くわけにもいきません。

相談する

そこで交通事故に詳しい弁護士に相談することが有効になってきます。

弁護士は法律のプロですので、示談金の相場も把握して、請求できる
項目も熟知しています。

 

また、弁護士は交通事故の示談に関しても豊富な経験で、
ケースバイケースで相場を計算できるので、わかりにくい計算方法
なども妥当な金額を判別してくれます。

 

また、法に従っての計算方法でそれを説明できます。
そのため加害者としても根拠を見せなくてはならなくなり、
加害者にとっては効果的な交渉に変わっていきます。


弁護士はそれだけの知識と経験があるので、一度相談をすると良いでしょう。